前へ
次へ

離婚問題で悩んだらカウンセリングを

離婚問題に直面した際、すぐに気持ちを切り替えて前に進める人もいれば、そうではない人もいます。
すでに心が決まり、方針も見えているなら、離婚問題に詳しい弁護士事務所に相談するのもよい方法です。
ただ、まだそこまで気持ちが整理できていない、なにをどう考えればいいのかすらわからないという状況なら、一度カウンセリングを試みてもよいでしょう。
離婚カウンセラーは夫婦問題カウンセラーとも呼ばれていて、民間資格として確立されている専門家です。
夫婦問題のカウンセラーは、中立的な立場で夫婦間の問題を一緒に考えてくれます。
相談者の話をよく聞き、夫婦の関係を改善するのか、整理するのか、精神面のサポートも含めてカウンセリングを行います。
法律や医療に問題が及ぶ場合、専門家も紹介してくれるので、まずは状況を整理したいときの窓口として協力してもらえるのは心強い限りです。
もちろん、離婚を決意している人だけでなく、まだ離婚するか関係を修復するか決めかねている人も相談できます。
正式なカウンセラーが無理に離婚をすすめることはありませんし、想いを否定されることもありません。
第三者に相談することで自分の本当の気持ちがわかり、その後についてきちんと目を向けることができるようになるでしょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

離婚カウンセラーは各都道府県に団体があります。
資格を持つカウンセラーであれば信頼できますし、守秘義務も遵守されます。
インターネットで探すこともできますし、相談料が無料か有料か、有料の場合は時間費用も確認できるところを選びましょう。
できるだけ実績の多い団体を選べば安心です。
ただし、相手がすでに離婚に向けて行動を起こしていたり、相手から既に訴えられているような場合は、すでに法律問題に発展している状況です。
その場合は、迷わず弁護士に相談してください。
弁護士は、離婚はもちろん法律問題すべてに対応できる国家資格の保有者です。
離婚の手続きや財産分与、慰謝料などの金銭面の対応はもちろん、未成年の子どもがいる場合の親権や養育費の問題なども相談することができます。

Page Top